文藝同人誌の最前線 〜ブンガクの未来〜

文学に未来はあるか。
いま私が考えている大きな問いだ。未来とは何年くらい先をイメージするのか。
また文学の概念とは現在の「純文学」のことを指すのか。
そのような問いを自ら発しながらも疑問や答えに窮することは多々あるが、
今回から「文芸同人誌の最前線」と謳って、同人誌のなかで目についた作品をネット上でとりあげようと思う。


第1回 2018年8月

第2回 2018年10月

第3回 2018年11月

第4回 2018年12月

第5回 2019年1月

第6回 2019年2月

第7回 2019年3月

第8回 2019年4月

第9回 2019年5月

第10回 2019年6月

第11回 2019年7月

第12回 2019年8月

第13回 2019年9月

第14回 2019年10月

第15回 2019年11月

第16回 2019年12月

第17回 2020年1月

 

テンプレートのpondt

inserted by FC2 system